航空シンポジウム

下記の通りご案内がありました。会員の皆様で、ご関心のある方は、是非お運びください。取り急ぎ、ご案内まで。

平素より航空政策研究会をご支援賜り、御礼申し上げます。
11月8日に、航空シンポジウム「2020年に向けて、そしてその先へ」を開催いたしますのでご案内申し上げます。

【お申込み】
 当会ホームページ よりお早めにお申し込み下さい。
https://www.koseiken.jp/client/symposium
 (定員になり次第、受付終了です。)

皆様のご参加をお待ちしております。

***航空政策研究会主催「航空シンポジウム」のご案内***

テーマ:『 2020年に向けて、そしてその先へ 』
     ~インバウンド6千万人時代に航空が果たす役割とは~

日時: 2019年11月8日(金)13:30~17:00 

会場: 日本大学経済学部7号館 2階講堂
     (千代田区神田三崎町2-8-14  最寄駅:「水道橋」駅)

 安倍政権は主要政策のひとつに観光立国の推進を掲げ、インバウンド旅客の増加に向けて取り組んできた。
 2020年訪日外国人旅行者数4千万人、消費額8兆円を目指しており、東京オリンピック・パラリンピック開催を契機にインバウンド需要のさらなる高まりが期待されている。
 この需要を支える航空分野では、成田空港が2019年冬ダイヤより開港以降初めて運用時間を延長し、羽田空港では首都圏上空に新たな航空路を設定して両空港合計で2020年までに発着容量が年間約8万回増枠される見込みである。
 さらに政府は2020年以降、羽田空港と3本目の滑走路建設が決定している成田空港をあわせて年間発着容量を16万回増やし、首都圏全体で100万回規模を目指す方針を示している。
 本シンポジウムでは、東京オリンピック・パラリンピックに向けた各種取組みを踏まえて、インバウンド需要の高まりに対する期待や課題を明らかにし、オリンピック・パラリンピックからインバウンド6千万人時代に向けて航空業界が担う役割を明らかにしていく。

パンフレットは、以下をご参照ください。
https://www.koseiken.jp/client/images/img/symposium/lecture_image/symposium_97.pdf